お買い物の前に チャング革張替え 楽器メンテナンス
 

トップ > 打楽器 > その他 > 亀太鼓

亀太鼓

亀太鼓(かめだいこ)

骨董品として韓国で売られたものを本店の社長がゲット!!

インテリアにバッチリ!!


○珍品
 謎の楽器がBBDに入ったと見せてもらいました。亀の上に乗った太鼓で相当古いもののようです。何処にあったものでしょう。何につかったものでしょう。すべてが、謎です。しかし、作りは良いし装飾も意味ありげです。唯一つ今も、気になっているのは、釘打ち太鼓にもかかわらず皮が緩んでいないことです。案外新しいのかもしれません。
○振鼓(しんこ、ふりつづみ)
 形から見て巨大な振鼓です。いわゆるでんでん太鼓です。そういえば、古代中国の宮廷楽士に振鼓方というのがありました。振鼓専門の楽士がいたのです。楽器は舞の手持ち具になると小さくなる傾向があり、常設楽器になると大きくなる傾向があります。雅楽のだだいこがよい例です。振鼓専門の楽士は巨大なでんでん太鼓を、町火消しのまといのように振り鳴らしたのではないでしょうか。
○鞨鼓(かっこ)は代用か
 鞨鼓は音の出る革面が小さくて打ちにくい太鼓です。さらにリズムに関係なく打ち鳴らす、片来、諸来という打ち方は、元の曲は振り鼓で打ったものだと考えると納得がいきます。雅楽の伝来当初、振鼓の代わりに鞨鼓を使ったのがそのまま伝わったのではないでしょうか。メロディアスでリズミカルな音楽になれた現代人にとって、時折パラパラパラと振鼓が鳴る音楽はなじみにくいと思います.
商品コード : JK051
価格 : 40,000 円(税込44,000 円)
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ